手間暇はかかるが、クリスマスとかで出せれば一目置かれるローストビーフを作ってみた。

投稿日:2017-06-25

手間隙はかかるが、クリスマスとかで出せれば、きっと一目置かれるローストビーフを作ってみた。
所要時間 2日ほど

内訳

  • 塩コショウやタレでの漬け込み・・・1日
  • 焼き            ・・・20分
  • 湯煎            ・・・1時間
  • 馴染ませる         ・・・半日〜

うん、難しいことは特にないかな。

いざ、作り始める前に、塩コショウとか、タレへの漬け込みが2〜5日くらいしておいたほうがいいので、思い立ったから作る!って訳にいかないのがネックw

後は、中までじっくり火を通すために、焼く1,2時間前から外に出して常温に戻します。
冬だと、それこそ前日から出しておく必要があるかも・・・

味付けの塩コショウとか、タレはネットで探すとレシピや分量が色々紹介されてるので、自分の好みを試してみてください。
今回は、家にあった味塩コショウをガッツリ揉みこみました!

まず、1kgのブロックを買ったので、半分ぐらいに切って、味付けをします。

で、途中はすっ飛ばしてw

焼く!

両面じゃなくて、6面全部焼く。
ちょっとしっかり目に焼く!

焼いたら、ジップロックに入れて、しっかり空気を抜いたら、60度くらいのお湯を鍋に張って、ドボンと突っ込むだけ。

1時間ちょっと放置したら、袋からだします。

切ってみると、こんな感じ。

ちょっと生っぽ過ぎたので、もうちょっと湯煎しなおしました。

心配なら、薄くきって、食べる前に炙ったりすればいいんじゃないかな。

お店とかで買うとちょっと高いけど、自分で牛ブロック買えば、3千円ぐらいから作れるので、ガッツリ食べたいとか、持ち寄りのパーティとかあるなら、お勧めです。

 







-料理
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「お取り寄せ王子 飯田好美」で知った水郷鳥が、大満足の一品でした。贈り物にしても喜ばれそうなので、お勧め。

発端は、「お取り寄せ王子 飯田好美」という漫画を読んだことがきっかけでした。 内容は、最近よくある食べ物系の漫画です。 色々あるじゃないですか。  

ハンバーグを食べるためだけにさわやかまで行ってきた。

急にさわやかのハンバーグが食べたくなったので、無職の知人を誘って食べに行ってきた。 今日はさわやかにハンバーグを食べに行って特に作業らしいことをしてないけど、こんな日が1日ぐらいあってもいいよね。 名 …


カテゴリー