うつ病治療記〜171週目

投稿日:

うつ病治療記の171週目。

前回はこちら。

結局、うつ病が治りきらぬまま年越し、今週は171週目。

1179〜1185日目

新年あけましておめでとうございます。

いつもは、月曜日だけど、今日はそのまま元日に。

今年も無事?に新年を迎えられました。

というか、うつ病は治らぬまま年を越した・・・

あくまで、個人主観にはなるんだけど、自分の場合は、Twitterとかで見かけるような重度の鬱ではなく、それに比べたら比較的軽度だったとは思う。

とはいえ、一時期は、朝の通勤電車に乗れなくなったりした症状が出たわけで。

当時は、薬を飲むことでなんとか「人として最低限度の日常生活」を送っていた。

それに比べたら、今はもう完治と言っていいのかもしれないけど、それでも完全に心身ともに健康だった時に比べたら、どこか歪がある。

記録のためのメモとして始めたうつ病治療記も気づけば1200日を目前としている。

実際に、うつ病と診断されてからの日数だから、実際には既に4年くらいになるんだろうか?

マジで、鬱っぽいなと思ったら、人のアドバイスではなく、病院だよねと。

 

薬の服用状況については、年明けが土日のタイミングとなるので、敢えて、そこで服用せずに、何日か過ごしてみようと思ってる。

一応、年初は5,6,7日の3日間を乗り切れればいいので、5日の勤務状況を見て、そこで服用の是非を決めてもいいし。

ということで、服用間隔を1週間以上に伸ばせるかどうかが、ここで分かるわけです。

 

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data/

385人→510人になった。

うん、順調に増えてるよね。

まぁ、見えてた結果だな。

あとは、年末年始の帰省を終えて、仕事始め~成人式と大学入学共通テストあたりでの人流はどうしようもないとして、感染被害をどこまで抑え込めれるか?だと思う。

オミクロン株が比較的軽症(と言っても、一般人が自宅療養で対処可能なのか?)で済むらしいけど、あくまで重症化率が低いってだけで、重症化したら地獄を見る。

で、ワクチン2回接種の証明を盾に経済活動を回す方向で動いてるけど、別に2回接種完了してるからって、感染しないって訳じゃないんだよなぁ。

しかも、立ち悪いのは症状が出ない状態で保菌したまま移動するパターン。

そりゃ、追跡調査だって無理だって思う。

あくまで、素人考えでこれぐらいは想定できる。

 

【2022年のパンデミック終息を期待、各国の協力が前提=WHO事務局長

 

世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は12月31日、新年へ向けた声明で、新型コロナウイルスの感染抑制に各国が協力し合えば、2022年にはパンデミック終息に持ち込むことができるだろうと期待感を示した。

テドロス氏は、「このパンデミックの3年目に入るにあたり、今年こそこれを終わらせる年になると自信を抱いている。ただし、全員がひとつになって協力するのが前提だ」と強調した。

「狭い国家主義と一部の国によるワクチンのためこみが、公平性を損ない、オミクロン変異株の出現に理想的な条件を作り出した。この不公平が長く続けば続くほど、阻止も予測もできない形でこのウイルスが進化し続けるリスクが高まる」とテドロス氏は警告し、「不公平を終わらせれば、パンデミックも終わらせられる」と強調した。

テドロス事務局長はさらに新年の抱負として、2022年にパンデミックを終わらせるには「全世界の人の70%が7月までにワクチンを受けるという世界的目標を達成するため、すべての国が協力する必要がある」と述べた。

さらに、パンデミック収束には各国政府が引き続き、「検査、解析、変異株の報告」を含む公衆衛生の手段を駆使する必要があり、それによって不利益をこうむると懸念するようなことがあってはならないと強調した。

また一般市民についても、「マスク着用、距離の維持、混雑を避ける、屋内で会うのをできるだけ避けるか屋内でもよく換気された場所で会う」などの感染対策を続け、それぞれが役割を果たしていかなくてはならないと述べた。

事務局長は、感染症の流行に対する世界的な予防力・検知力・対応力を強化するため、「パンデミック条約」創設などの議論を2022年に推進したいとした。さらに、感染症対応の基礎として、国民的な医療の保障と初期医療の充実に各国が尽力するよう呼びかけた。

テドロス事務局長はこれまでも、貧困国では1回目の接種も行きわたらない一方で、一部の金持ち国がワクチンを独占し人口の大半に2回、3回と接種を重ねていると批判してきた。

日本のワクチン接種率は12月28日の時点で人口の約78%(2回接種完了者)。欧米諸国では人口の大半が少なくとも1回の接種を受けている。一方、2021年末までにすべての国で人口の40%が2回接種を終えるようにするというWHOの目標は、アフリカ諸国の大半で未達成で終わった。

2019年12月31日に中国湖北省武漢市で検出された原因不明の肺炎について、WHO中国事務所が最初の通知を受けてから2年がたった。

新型コロナウイルスの感染症COVID-19の感染確認は世界全体で計約2億8700万件に達した。死者は約550万人。

世界各地で新年を祝う行事が行われているが、各地の当局は感染対策のため、大勢が集まらないように呼びかけている。

■各地での感染状況

・南アフリカは、新規感染の波のピークは過ぎたようだと発表。夜間外出禁止令を解除した。オミクロン株は南アフリカ当局が最初に確認・報告した。
・ドイツでは、シャリテ大学病院ウイルス学研究所のクリスチャン・ドロステン所長がZDFテレビに対し、オミクロン株の感染症状は比較的軽症だというデータを示し、「比較的正常」な冬になると期待していると話した。
・イギリス、イタリア、ギリシャでは、過去最多の新規感染者数を更新している。
・アメリカでは、航空各社がスタッフの感染による人手不足から、数千便の欠航が続いている。
・フランスでは、オミクロン株が感染の主流になったと医療当局が発表した。エマニュエル・マクロン大統領は、これから数週間は大変だろうが「新年には期待している」と述べた。
・イスラエルでは、4回目のワクチン接種を承認した。

(英語記事 Covid-19: WHO chief optimistic disease will be beaten in 2022)

なんつーか、今更ながらネタなのか?と言いたくなる記事だな。

あとは、世界的には全く収まる兆しが見えないので、オミクロン株の次の株が発生していてもおかしくなさそうだなぁ。

 







-うつ病治療記

関連記事

うつ病治療記〜59週目〜

うつ病治療記の59週目。 前回はこちら。 日本の中心付近で仕様変更と闘うSE日記うつ病治療記〜58週目〜http://ht-jp.net/blog/healthcare/depression-w58う …

うつ病治療記〜123週目

うつ病治療記の123週目。 前回はこちら。 日本の中心付近で仕様変更と闘うSE日記うつ病治療記〜122週目http://ht-jp.net/blog/healthcare/depression-w12 …

うつ病治療記〜128週目

うつ病治療記の128週目。 前回はこちら。 日本の中心付近で仕様変更と闘うSE日記うつ病治療記〜127週目http://ht-jp.net/blog/healthcare/depression-w12 …

うつ病治療記〜46週目〜

うつ病治療記の46週目。 前回はこちら。 日本の中心付近で仕様変更と闘うSE日記うつ病治療記〜45週目〜リハビリ出社http://ht-jp.net/blog/healthcare/depressio …

うつ病治療記〜147週目

うつ病治療記の147週目。 前回はこちら。 日本の中心付近で仕様変更と闘うSE日記うつ病治療記〜146週目http://ht-jp.net/blog/healthcare/depression-w14 …


カテゴリー