[C#]DateTimePickerは、CloseUpイベントで日付変更を取得する

投稿日:

日付関連で、取得した値がどうか?ってのを検出して判定する必要が出たのでメモ。

CloseUpイベントで何が判定されるのか?

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/system.windows.forms.datetimepicker.closeup(v=vs.110).aspx

ドロップダウン形式の予定表が閉じられた場合や、非表示になった場合に発生します。

ということで、手動で変更した時ではなく、カレンダーのリストから日付を選択したりした場合にイベントが発生してくれる。

ValueChangeイベントじゃ駄目なのか?

ValueChangeイベントでも値の変更自体は取得可能。
なので、これで問題なさそうなんだけど、日付の判定を行う場合、少し厄介になってくる。

一応、こんな感じで書けるんだけど

private void dateTimePicker1_ValueChanged(object sender, EventArgs e)
{
	DateTime getDate;
	if(DateTime.TryParse(dateTimePicker1.Value.toString(), getDate))
	{
		getDate.Value = DateTime.Now;
	}
}

エラー処理はさておき、TryParseで日付型として取得不可能な値が設定されていた場合に、別の日付を設定する。
と、再度ValueChangeイベントが発生してしまう。

これは、try-catch でエラー処理をかまして対応しても同じ。
まぁ、ValueChangeイベントで正しく扱える値をセットしたりするので、2回目のValueChangeイベントで問題は発生しないんだけど、一々やりづらい。

CloseUpイベントで日付の変更を取得する

private void dateTimePicker1_CloseUp(object sender, EventArgs e)
{
	DateTime getDate;
	if(DateTime.TryParse(dateTimePicker1.Value.toString(), getDate))
	{
		getDate.Value = DateTime.Now;
	}
}

こんな感じで書く。
といっても、イベント名をValueChangeからCloseUpへ変更したぐらい。

手で書きたくない場合は、プロパティのダブルクリックで

フォームにDateTimePickerコントロールを貼り付ける

プロパティウィンドウのタブをプロパティから、イベントに変更

CloseUpをダブルクリック


 
private void dateTimePicker1_CloseUp(object sender, EventArgs e) 
{ 
//ここに処理
} 

こんな感じで勝手に挿入してくれるので、必要な処理を書き込む。







-C#, 開発メモ
-,

関連記事

[VB.net]TextBoxで、マウスクリック(1回目)だけ、内容を全選択させる

結構前に書いた記事 日本の中心付近で仕様変更と闘うSE日記[C#]TextBoxで、マウスクリック(1回目)だけ、内容を全選択させるhttp://ht-jp.net/blog/pc/c/c-textb …

[Windows]タスクバーに表示される「最近使ったもの」が多すぎて消せないので、一括削除する方法

さて、Windows使いの人なら、地味に便利に使っている・・・かもしれない「最近使ったもの」という一覧。 確かに、同じフォルダを開きたい時とかは重宝します。 が、たまにウザいw 場合によっては消さなき …

Windows 7な会社のPCからOneDriveをアンインストールしたので、その方法を紹介。

参考URL 「OneDrive」を完全にアンインストールする方法 http://www.lifehacker.jp/2015/09/150904_windows_10onedrive.html 参考先 …

DLLのプロパティのブロック解除をして、ダウンロードしたプログラムを起動出来るようにする

よくありますよね・・・ いや、普通は無いかも・・・ 今、開発中のプログラムなんですが、正式なビルドはサーバーで実行してる訳です。 で、各自がアップロードされたEXE等をDLして最新の実行環境としてる。 …

C#で日数計算を行うのに、DateDiff関数を使う以外の方法。でも、ぶっちゃけ関数使った方が早いし正確だよ。

C#に限らず、プログラミング言語にはDateDiff相当の関数が用意されているはずです。 Excelでは普通に加減算が可能ですが。 そして、結論を言ってしまうと、そういう関数がある場合、それを使うべき …


カテゴリー