devenvを使って、プロジェクトをコマンドラインからビルドする方法[VisualStudio]

投稿日:

今日も今日とて休日出勤\(^o^)/

 

現在、C#をメイン言語として使用しています。

で、当然というか、開発の区切りだったり、テストするためにビルドというものをやります。

このビルド、プロジェクトが巨大化すると、非常に重く、更に時間がかかるようになります。

それだけなら、コマンドプロンプトで~なんてことは考えなかったのですが、「Release」ビルドの作成が必要となり、コマンドラインでの実行を模索することになりました。

 

 

なぜ、切り替えが必要なのか

普段は、Debugモードで、処理の途中の値とか確認したりするけど、デバッグ用に無駄(?)なファイルも生成するし、最終的にお客さんに提供する時は、Releaseモードでビルドしたものが必要になる。

って感じ。

詳細に解説は出来ないので、ざっくり言うと、お客さん用のバージョンを作るわけ。

DebugとReleaseの切り替えに時間がかかる

自分がバージョンは、2015なので、その画面を前提に話をしますが、DebugとReleaseの切り替えにとにかく時間がかかる。

今のプロジェクトだと、2~3分ちょっと・・・かな。

手元の時計での計測だから、厳密じゃないけど、この切り替えだけで1分超えってのは、とにかく無駄。

作業の途中で、Release版のビルドをお願いされたりすると、作業を止めて開発途中のソースが影響出さないようにしてからのビルドになる。

開発の手も止まるし、時間もかかるしで、いいことが全く無い。

開発部署によっては、最終的なReleaseビルドは管理されたサーバーでしか作らないとかルールはあるんだろうけど、今プロジェクトでは、自分が半分くらい担当してたりw

時間がかかることだけが問題じゃない

切り替えや、準備に時間がかかると書いてきましたが、問題はそれだけじゃありません。

切り替えにかかる時間を無くそうと、Releaseビルド用のフォルダを作成し、そこへプロジェクト用のファイルを全てコピーしました。

ビルドの構成はもちろん、Releaseに選択済みです。

なので、必要なファイルを受け取ったら、即Releaseビルドが出来るぜ!ヒャッハー!!

って感じだったのですが、そもそもプロジェクト(.slnファイル)を起動し、もろもろのファイルを読み込み、ビルドが出来る状態になるまでに、おおよそ2分!

構成をDebugからReleaseへ切り替えるより、余計に時間がかかるようになりました\(^o^)/

更に、その間は時間がかかるからといって、PCの前から離れられないオマケ付きw

MS製品だし、コマンド実行出来てしかるべきじゃね?

ということで、Microsoftの製品だし、コマンド実行オプションがあるはず!!

で、調べました。

方法は2つ。

msbuild.exeを使った方法
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms164311.aspx

devenvを使った方法
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/xee0c8y7.aspx

msbuild.exeを使った方法

Linuxとかでよく使うMakeコマンド的なことが出来るみたい。

なんですが・・・

すいません、知識不足で、ビルドまで辿り付けませんでした・・・

ネットで探すも、バージョン違いだったりして、自分の環境には合わず。

XMLでパラメータファイルを作成して、かなり細かいことが出来るみたいなんですが、今回は、Releaseビルドが作成できればよかったので、諦めました。

開発と並行でなく、時間が出来たら、また調べたい。

devenvを使った方法

こちらを採用しました。

devenv スイッチの構文規則は、他の DOS コマンド ライン ユーティリティのものとよく似ています。 すべての devenv スイッチと引数に適用される構文規則は以下のとおりです。

  • devenv で始まるコマンド。
  • スイッチは大文字と小文字を区別しません。
  • ソリューションまたはプロジェクトを指定するとき、最初の引数はソリューション ファイルまたはプロジェクト ファイルの名前 (ファイル パスを含む) です。
  • 最初の引数がソリューションでもプロジェクトでもないファイルの場合、そのファイルが IDE の新しいインスタンスで適切なエディターを使用して開かれます。
  • ソリューション ファイル名の代わりにプロジェクト ファイル名を入力すると、devenv コマンドは、プロジェクト フォルダーの親フォルダーで同じ名前が付いているソリューション ファイルを検索します。 たとえば、devenv /build myproject1.vbproj というコマンドは、親フォルダーで “myproject1.sln” という名前のついたソリューション ファイルを検索します。
    System_CAPS_ICON_note.jpg メモ
    このプロジェクトを参照するソリューション ファイルは、親フォルダーの中に 1 つだけ置かれている必要があります。 親フォルダーにこのプロジェクトを参照するソリューション ファイルがない場合、また親フォルダーにこのソリューション ファイルが 2 つ以上ある場合は、一時ソリューション ファイルが作成されます。一時ソリューション ファイルは、プロジェクトにちなんだ名前となり、プロジェクトを参照します。
  • ファイル パスやファイル名にスペースが含まれる場合は、二重引用符 (“”) で囲む必要があります。 たとえば、”c:\project a\” と指定します。
  • 1 行に複数のスイッチや引数を入力する場合は、空白文字 1 つで区切ります。 たとえば、devenv /log output.txt というコマンドは、IDE を開き、そのセッションのすべてのログ情報を output.txt に出力します。
  • devenv コマンドではパターン一致構文を使用できません。

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/xee0c8y7.aspx

から引用。

 

正直、意味不明です。

まぁ、大体こんな時は、使ってみて、必要なことが出来ればOKなのでw

ということで、何はともあれ、使える状態になりました。

実際のバッチファイル


"c:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\Common7\IDE\devenv" プロジェクト.sln /Build "Release" /out build.log

この1行です。

実行パス

公式ページでは、


<strong>Devenv myproj.csproj /build</strong>

で実行できるらしいけど、自分の環境だと環境変数とかの関係で、フルパスで実行してやる必要がありました。

面倒くさかったしw

で、そのdevenvの場所は、VisualStudioのインストール先になります。

自分の場合は、VisualStudio 2015なので「c:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\Common7\IDE\devenv」がその場所になります。

バージョンによって、Microsoft Visual Studio 14.0 が13だったり、12だったりするので、自分の環境を確認してください。

一番簡単なのは、スタートメニューから、VisualStudioのメニューのショートカット先を確認するのが早いかな。

ソリューション

これは、ビルドしたいソリューションファイルを指定。

プロジェクトによるけど、「.sln」の拡張子のやつです。

ビルドオプション

/Build って部分。

その後ろの「”Release”」部分で、DebugかReleaseの切り替えが出来る。

なので、ソリューションファイルを起動すると重くて時間がかかる・・・って時には、Debugに指定したバッチファイルを作っておくと、ビルドも出来る。

ログの出力

/Out って部分。

必要なければ、つけなくても良い。

GUIだと、出力ログに表示されるところが出力される。

一応、エラーとかの原因でビルドが失敗することもあるから、ログには出力するように。

他のビルドオプション

個人的には、/Clean ぐらいかな。

念のため、クリーンをかけてから、ビルドって流れにしたい。

他のオプション


"c:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\Common7\IDE\devenv" プロジェクト.sln /Clean Release

で、/Cleanオプションをつけておけば、クリーン実行も可能。

後ろに「Release(もしくはDebug)」ってつけないと、「プロジェクト.sln」で保存されているソリューション構成になってしまうので、明示的に指定する必要があるくらい。

クリーンの後にビルドするぐらいなら、/Rebuild オプションでもいいぐらいだけどw

 

バッチファイルのメリット

ソリューションを起動する必要がないのでその分だけ早い

DebugとReleaseを1行ずつ記載すれば、1つのバッチファイルで両方のビルドが可能

devenvの起動自体に時間はかかるけど、VisualStudio起動時のような大量のファイルの読み込みは発生しない

バッチファイルのデメリット

ビルドエラーは、ログファイルを見るまで分からない

正味の時間はあまり変わらない

まとめ

自分の環境では、VisualStudioの起動自体がそこそこ時間かかるので、バッチファイルを実行しても、実際にビルドが開始されるまではそれぐらいの時間はかかります。

ビルドにかかる正味の時間だけなら、あまり変わりません。

でも、新しくソリューションファイルを起動して、プロジェクトの読み込みを待って・・・って事を考えれば、一連の処理がダブルクリックで完結するので、問題は解決できたと言って良いw

朝、PCを起動してから、バッチファイルを実行しておけば、トイレ行ったりコーヒー淹れたりしている間に、最新ビルドが作成出来ているのでオススメ。

今後の課題は、もう少しオプションを使い分けられるようになること・・・かなw

 







-C#, 開発メモ
-, ,

関連記事

SyntaxHighlighter EvolvedっていうWordPressのプラグインを使ったら、楽にソースコードを表示できた。

SyntaxHighlighter Evolvedっていうプラグインを使って、コードの表示を楽にしてみた。 C#で正規表現が使えたらな〜って時は以外と多いので、ちょっと正規表現を頑張って使ってみた。 …

[C#]DateTimePickerは、CloseUpイベントで日付変更を取得する

日付関連で、取得した値がどうか?ってのを検出して判定する必要が出たのでメモ。 CloseUpイベントで何が判定されるのか? https://msdn.microsoft.com/ja-jp/libra …

no image

VisualStdioのフォーム編集画面で拡大・縮小はできない。

仮想デスクトップを使っても、低解像度は厳しいので、調べて見た。 WindowPagerを使って、会社のノートに仮想デスクトップ環境を用意してみた   VisualStudio デザイン画面で …

続) 何度だって引っかかるORACLEのエラー・・・。ORA-01008:バインドされていない変数があります。

この土日は休日出勤でした・・・ そして、昨日・・・新しい現象が発生しました。 日本の中心付近で仕様変更と闘うSE日記日本の中心付近で仕様変更と闘うSE日記http://ht-jp.net/blog/p …

[VB.net]TextBoxで、マウスクリック(1回目)だけ、内容を全選択させる

結構前に書いた記事 日本の中心付近で仕様変更と闘うSE日記[C#]TextBoxで、マウスクリック(1回目)だけ、内容を全選択させるhttp://ht-jp.net/blog/pc/c/c-textb …


カテゴリー