[ORACLE]oracleのログの場所(リスナーログ、アラートログ)

投稿日:

ぶっちゃけ、ログの場所なんて普段意識してないわwww

存在は知ってるものの、ぶっちゃけ、普段からそんな場所など意識していたことがない。

もちろん、何かあったときは、ファイル検索で見つけりゃいいや~と思ってた。

ただ、実際、ファイル検索も絞り込み方を間違えると、相当に時間がかかったりするので、とりあえず備忘録的に場所の確認をすることにした。

リスナーログ(listener.log)の場所

調べてみたら、Oracle10g以前とOracle11g以降で保存場所が変わったとの事です。

Oracle10g以前のパス

ちなみに、Oracle10g以前では、「(ORACLE_HOME)\network\log\listener.log」に保存されてる。

(以前、インフラ系の仕事していた時にORACLE設定やってるときに色々確認していたのは思い出してきたw)

Oracle11g以降のパス

Oracle12cはまだ触ってないので「以降」って書くのは微妙だけど、Oracle11g以降では、「(diagnostic_dest)\diag\tnslsnr\(ホスト名)\(リスナー名)trace\listener.log」にある。

自分の環境だと、「C:\oraclexe\app\oracle\diag\tnslsnr\(ホスト名)\listener\trace\listener.log」にあった。

これは、Oracle10g以前のlistener.logと同じもの。

それとは別に、「C:\oraclexe\app\oracle\diag\tnslsnr\(ホスト名)\listener\alert\log.xml」ってファイルでxmlのログもある。

一応、確認したけど従来のlistener.logの方が馴染みがいいかな・・・と。

まだ、それらのログが必要になった事が無いので、いまいちピンと来てないけどw

アラートログ(alert.log)の場所

デフォルトでは「$ORACLE_BASE/diag/rdbms/<dbname>/<SID>/trace/alert_<SID>.log」にある。

ちなみに、自分のPCでは「C:\oraclexe\app\oracle\diag\rdbms\xe\xe\trace\alert_xe.log」でした。

知っといて損はない

システム構築とか、インフラ系の仕事をする人なんかだとお世話になることが多いのかな?

開発なんかをメインでやってたら意外とOracle周りは関数化されてたりして、触れる機会なんて無いかもしれない。

っていうか、実際、自分は触れる機会なんて今まで無かったわけだしw

今回は、ログを確認する必要性に駆られたので、調べてみた。

ログの中身云々については知らんw

その辺は、また今度。







-ORACLE, 開発メモ
-,

関連記事

[C#]文字を繰り返したものを取得したい。

いちいちfor文とかで繰り返すのも効率が悪いなと思ってたので、処理を関数化・・・ ただ、共通関数として登録しないので、別のところで使いたい場合は、同じ関数が複数登録されちゃうことに・・・ 更には、思い …

[C#]リストをカンマ区切りの文字列で出力する

リストの項目をカンマ区切りで出力したい 卵が先か鶏が先か~って話じゃないんですが、リストで出力した内容をカンマ区切りのデータにする必要が出てきたので、調べました。 List<string> …

ORACLEでTO_CHARを使用し、カンマ区切りデータを出力する

帳票出力を行うPGで困った。 数値形式のデータのため、カンマ区切りで表示したいんだけど、テンプレートの制約のせいで上手く行かなくて時の解決方法。 帳票のテンプレートとなるファイルのセルは文字列形式。 …

OracleDataaccessでどハマリして、勉強になったとかじゃなくお客さんに迷惑かけたし、もう穴を掘って埋まりたい

みんなは、どうやってOracleDataaccessを筆頭に、複数バージョンが入り乱れるDLLを管理してるのか教えてください。 マジで。

[C#]NumericUpDownコントロールで、上下キーでの値変更を禁止する

結論から言うと、「InterceptArrowKeys」プロパティをfalseにしてやることで解決。 NumericUpDownコントロールを使うメリット 画面構築をしている際、ユーザーの任意入力項目 …


カテゴリー