ORACLEで他のスキーマでSQLを実行した時に、権限不足で「ORA-01031: 権限が不足しています。」のエラーになる

投稿日:

A5Mk2
http://www.wind.sannet.ne.jp/m_matsu/developer/a5m2/
普段、SQL関連は、A5Mk2っていうソフトを使用しています。

今回のエラーは、自分のミスで発生したものなので、別にソフトをディスる訳じゃありません。

むしろ、非常にありがたく使ってますが、ちょっとだけ気をつけないといけないことがありました。

SQLを自分で書きたくない

SQLも新規で作成したり、修正したりと手書きではやってられないので、エディタを使って作成してます。

ER図も使えるし、DBとの接続も可能で軽量なので、割と重宝してます。

SQLもエディタで作成できるし、項目数の多いテーブルを扱う時なんかは、項目名の入力ミスも防げるしで、特殊な構文を使わないSQLなら、結構使いやすい。

数十個の列名と、さらにJOINしたテーブルの項目と・・・なんて、手書きでやってられっか!!ってなりますw

MicrosoftのAccessでも同じようなことは出来るんですが、Accessがインストールされてないと使えないので、環境を選ばないという点でも良い。

エラーと原因

参考URL
ORA-01031: 権限が不足しています。
http://www.shift-the-oracle.com/oerrs/ora-01031.html

こういうのも怒られる原因の1つなんですが、また、ドハマリしました・・・

内容は超単純・・・

テスト用と本番用の環境があって、基本、テスト用のDBで作業を行っているわけです。

で、SQL、特にJOINとかを自分で書けない(1,2テーブルなら書けるんです・・・)ので、こういったエディタは重宝します。

最終的には、PGに組み込んだ上でSQLの実行確認をするわけですが、エディタで作成する時に付与されるんです。

何がって?

スキーマが。

TESTとORGって言うスキーマで作業してると、

TEST.tableA.CD1, TEST.tableB.CD2….

って自動付与されるのが残ってました。

で、どうなるかと言うと、「TEST」スキーマで確認してる分には何の問題も無いわけです。

それが、別の担当者が同じPGで「ORG」スキーマにて実行すると、ORGにTESTの権限が無いため、今回のエラーである「ORA-01031:権限が不足~」となります。

スキーマが付与されていない状態のSQLならテーブル構成(列とかテーブルそのもの)が違わない限り、同じ動作をします。

まとめ

普段なら、スキーマは削除してからPGへ乗せるのに、今回は完全に忘れ去られてましたね。

早く登録しろとか言われたり、別の作業が詰まっていたりして、チェックが足りませんでした。

スキーマの自動付与が悪いわけじゃないんですよねw

移植時のチェックフローを確立しないと、また怒られるw







-ORACLE
-

関連記事

Oracle11gでパスワードの有効期限を変更する

先日のOra-28001ですが、他のユーザーも同様になってましたw 当然ですね・・・ 日本の中心付近で仕様変更と闘うSE日記Oracleで「Ora-28001:the password has exp …

何度だって引っかかるORACLEのエラー・・・。ORA-01008:バインドされていない変数があります。

今日も今日とて、ORA-01008のエラーに悩まされる。 無慈悲に「バインドされていない変数があります。」ってメッセージは出してくれるんだけど、ビンゴの位置は教えてくれないわけで・・・ 何度目だろう・ …

[ORACLE]今接続しているサーバー・スキーマとかを確認する

Oracle使ってる時に、今どのサーバーに繋いでるの?とか、今どのスキーマに繋いでるの? ってなるとき無いですか? そんなときの確認法。 今、どのサーバーに接続してるんだ? 先日の仮想マシンにOrac …

[ORACLE]ORA-24344:正常に終了しましたが、コンパイル・エラーがあります。

全然、正常に終われてねぇんじゃん?? って思った。 ビューの作成時に発生。 ネットで検索するも、明確な回答は見当たらず・・・ ただ、エラーには違いないので、ビューが正しく作成されていないことになる。 …

ORACLEでCASE文を使用した時にORA-00932のエラーが出る

割と悩んだ・・・ 原因は、CASE文で使用している項目のデータ型が異なるのが原因みたいだけど、正直、ぴんと来てない現実w select case name when ‘A’ then ‘あ’ when …


カテゴリー